エンジニアとプログラマの関係

フリーエンジニアとして、この冬も確定申告の準備で忙しいとい方がいらっしゃるでしょう。
エンジニアの仕事は、とにかく範囲が広く人脈も多い。
クライアント・プログラマとの打ち合わせや会食にお金もたくさん使ったことでしょうね。

そんなエンジニアが活躍するIT業界。
情報化社会においては、インターネットを介して様々な情報を手に入れたり、発信したりすることができるようになりました。
そのため、自分の身の回りの情報を授受するだけではなく、自分で作ったプログラムを容易に世界に発信することが可能になっています。

世の中には様々なソフトウェアがありますが、自分で作ったソフトウェアが人に使われるとなれば嬉しいことに違いはないでしょう。
それを実現することができるのがプログラミングです。
ちょっとした文書作成のアプリケーションであっても、使い勝手の良いものがみつからなかったりすることはありますし、ゲームを作ってみたいという思いをもっている人もいるでしょう。プログラミングにはそういった思いを形にすることができるという魅力があります。

その魅力を企業や世の中に伝えるのはエンジニア。とて遣り甲斐があるのではないでしょうか。社内のインフラ構築からスタートして、フリーのエンジニアになった人も多くいます。豊富な技術を自分の成果につなげるのは悪くないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です